2006年03月22日

ごほうこく

 完成いたしました。波田野州平大学卒業後、第一作目となる映画が完成いたしました。(それまでにちょこちょこ作ったのは、共同制作だったり、脚本担当だったり、環境に負けたりであれは波田野単体作品じゃあない!)
 2005年暮れに撮影して、編集に3ヵ月もかかってしまいました。

 『Kへの画集』

 これがこのたびのタイトルです。鎌倉と鳥取で撮影を敢行。鳥取では超観光名所、鳥取砂丘を真っ向相手に撮影しました。それが極寒。シベリア抑留の気分を堪能いたしました。

 あらすじは、ふたりの男が、鳥取に帰省する友人を空港まで迎えに行く途中、寄り道のつもりで遠回りしたら、はなればなれになっちゃって、迷い歩く。一方ヒッチハイクをするがまったくつかまらず、どこにも行けない男がいたり。
 と、こう書きながらも、やっぱ私にとって物語とは、洋楽の歌詞並みにひとつの要素にすぎず、中心じゃないなぁと感じております。

 やっぱいくら内容を説明しても埒があかない。映画は観ている時間の中にしか存在しない(これは保坂和志の、小説は読んでいる時間の中にしか存在しない。という言葉のまんまいただき。)。ということで、またいずれ皆さんの前にお披露目いたします。

 そして、TAM TAM & HIGH HAT RECORD というレーベルを立ち上げます。
posted by カフニ at 22:27| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいおい楽しみじゃねーか、この野郎!!
この前パソコンで見せてもらったやつだろーが!

明日は遅れるかもしれんけ、皆さん先に入っといてね。
Posted by 宇井郁円弩 at 2006年03月23日 08:44
お疲れ~。 楽しみ。楽しみ。
Posted by SXY at 2006年03月23日 22:43
初登場☆
どーも主演の「だいこん」です。。いやいや
観ましたがな。【渚にて】Kへの画集か?本日もう一人の主役の「イモ」の家で三朝プレミアしちゃいました!
撮影中も感じていましたが、やっぱり画が凄い!特に砂丘は新たな一面を観たって感じだ。アレは日本じゃないな。(実際は地獄以外の何物でもなかった)やっぱいろんな事情を知ってるので笑えました^^

PS.クラゲはぁ・・・
Posted by ピーチBase at 2006年03月23日 23:38
面白かったよ。伝説のヒッチハイカーとか。こっちで書いたけヨロシク。。
Posted by 直角 at 2006年03月24日 15:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。