2006年03月31日

夜の淵

 きょうも会社にお泊りなので、本日第二弾のはつもの音楽シリーズを。

 わたしがはじめて行ったコンサートは

 さだまさし

 である。
 たしか、小学生のころ父と母と鳥取の厚生年金会館的な場所に観に行った。
 いちばん覚えていることは

 よくしゃべる

 だった。半分以上はしゃべっていた。これではコンサートというよりトークショウではないか。まさしのコンサートについてはこの程度のおもいでしかない。
 わたしのまさしについての思い出は、いつも遠出の夜の帰り道におとずれた。
 休日に母や父と鳥取市や米子市に出かける。買い物をして、おいしいものを食べて、日が暮れたら帰る。帰りの車の中、はじめは今日の出来事についての会話で盛り上がる。だがしだいに疲れが出てきてうとうとし始める。そして目が覚めるとみんな黙っている。話すこともなくなり、疲れに身を任せ黙っている。窓の外には夜の日本海と、すれ違う車のヘッドライト。そんな景色の中にいるとさみしくなってくる。こわくなってくる。ひとりっぼちだと思う。小学生ながらにもそんなことを思っていたと思う。そしてそんな気分のときに、決まってカーステからは

 さだまさし

 がながれるのだ。
 あのふるえた細い声。つまびくアコギ。
 うおぉぉまえぇうおぉぉよめにぃぃぃ~
 それはさみしさを呼ぶ音。

 そしてわたしは母や父が死んだ時のことを思った。なぜだかそのことが頭から離れなくなって、泣きそうになった。その時がいつかやってくるのがいやでいやでしょうがなかった。誰も何もしゃべらず、わたしもずっと黙って夜の9号線の風景をみていた。
 さだまさしはまだ歌っていて、車は千代川を渡っていた。

 いまでもわたしは、さだまさしを聴くと、この時のことをありありと思い出す。いつか母が死に、父が死んだとき(この部分はかぐや姫『妹よ』)、やっぱりさだまさしを・・・聴くもんか!なにがmottainaiだ!ということで、まったくきりがよくならないので、強引に終わらせて仕事に戻ります。

 p.s.これでさだまさしファンがここに飛んでくるかしら?ちなみに変換すると定正氏になる。
posted by カフニ at 02:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music is… | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

毎日の環境学2

 いやはや小沢君、すごくいい音楽を届けてくれましたね。毎日毎日聴いてますよ。ひとつひとつの音の抜けのよさとか、ほんと春空にぴったりとあってますし。
 さて、わたしの名盤ということで、今回はわたしがはじめて買った音楽を紹介します。けっこういろんな人とこの話をしますが、今回もやります。
 それは

 宮沢りえ『DREAM RUSH』

 これこそがまぎれもなくわたしがはじめて手にした音楽です。しかもCDではなく、カセットテープです。そして。

 TKプロデュース作品です。

 この曲がほんとにいい。りえちゃんのふわふわして調子はずれのヴォーカルが、とてもいいかんじに舞っていて。もちろんTKのシンセサイザーは健在。あー久しぶりに聴きたいね。音○プレミアムよろしくね。ジャケット写真アップよろしくね。

 p.s. うちの父親の本棚には『santa fe』は隠されてなかったです。

zlKqJgDe.JPG
posted by カフニ at 23:16| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | music is… | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

victim of romance

帰宅後ビールを飲んだら寝てしまって、目覚ましで起きて「すべらない話」を観たけど起き抜けで今イチ入り込めず…。まー充分声だして笑ったけど。

で、今そのノリを下げるために聞いてるのがMICHELLE PHILLIPSのVictim Of Romance。
ママス&パパスの細い方。というかママス&パパスはみんな太っちょっていう錯覚に陥いりがち!

たまらん、ジャケもたまらんし、音も瀕死なくらいにか細くて最高に好き。
完璧に厳かな夜の音楽で、散らばった部屋もNYの摩天楼な錯覚。

ほんとは三回目のレンタルの「ミリオンダラーベイビー」を今日中に観なくてはいけないのに、もう一度針を落としてしまう。

そんな大好きな一枚を紹介する「記事カテゴリー」を作ったのでみんなも良い音楽書き込んでや。

MICHEL%20PHILLIPS.gif
posted by s×y at 03:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music is… | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

電車にて。 

とりあえずニックジャガーに何回も言われたので書いときます。

 3月28日(火) AM0:35~1:35 8チャン
 『すべらない話5』

正確には29日だな。

 先週上野に仕事で用事があったので山手線に乗った。大塚で男女ペアが乗ってきた。大きな鞄を男が持っている。話に耳を傾けると、彼らはポスティングに行く途中で、台東区を担当しているようだ。鞄の中には大量のチラシが入っているのだろう。まあそんなことはどうでもよく、彼らの話を引き続き聞いていた。
女「今何歳なの?」
ほお、今日はじめて組んだのか。あまり仲良くないな。
男「19っす。」
まあそんなもんだろうな。見た目通りだ。で、女は23位だろう。
女「キャー、若いねー!!。」
おいおいお前そんな離れてねーだろ。お前はまだまだ若いぞ。
男「ajaさん(仮名)は何歳なの?」
おおっ、でた、明らかに年上なのにタメ口。
女「今年21。年とったよ~。おばさんだよ。」
また出た。若いのに年とってるでしょみたいなの。ちょっと腹が立った。今年21ってことは、まだどうせ20だろ。1つしか違わんがな。なんだろ、こういうの。20越えると年寄りなのか?じゃあ25の俺はどうなるんだよ。そろそろ加齢臭とかでてんのか?顔からは何だかわけのわからん臭気は出とるけど、加齢臭まではいってないぞ、たぶん。
こういうことを言う人をよく見かけるが、こういう人の気持ちがわからない。なんで自分の事を年寄り扱いするのか。大人ぶって、「若いね~。」と言いたいのだろうか。ajaさん、あんたはまだ若いぞ。まだまだピチピチだぞ。そういうことは言うもんじゃないぞ。
そして俺もまだまだ若い。Foever young!




posted by weekend at 14:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

ミックと俺の親父はタメ

 いよいよ。あれも聴きたいこれも聴きたい。でもやっぱ、チャーリーのあの調子っぱずれのリズムで踊りたい!THAT'S HOW STRONG MY LOVE IS.
明日は6時に仕事終わらして駆けつけます。
posted by カフニ at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

TOO MUCH BLOOD

やいやいお前ら、ROLLING STONESがやってきた。A HARD DAYS NIGHT.

明日は水道橋に6時に集合ですよ。

俺は久しぶりに神保町~お茶の水散策しようと思います。
だれか一緒どう?
で、景気づけに大学時代によく通った立ち飲みや(その名も「旅」)で軽くひっかけて行きたいです。

それにしてもSTONESっていつの時代のも好きだったりするな。
初期のR&B~サイケ~DISCO DUB~最近のも。

この写真の「TOO MUCH BLOOD」はすごく欲しい狂気の一枚。アーサーベイカー仕事がたまらん。ドッロドロ。

82745257_69.jpg
posted by s×y at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ごほうこく

 完成いたしました。波田野州平大学卒業後、第一作目となる映画が完成いたしました。(それまでにちょこちょこ作ったのは、共同制作だったり、脚本担当だったり、環境に負けたりであれは波田野単体作品じゃあない!)
 2005年暮れに撮影して、編集に3ヵ月もかかってしまいました。

 『Kへの画集』

 これがこのたびのタイトルです。鎌倉と鳥取で撮影を敢行。鳥取では超観光名所、鳥取砂丘を真っ向相手に撮影しました。それが極寒。シベリア抑留の気分を堪能いたしました。

 あらすじは、ふたりの男が、鳥取に帰省する友人を空港まで迎えに行く途中、寄り道のつもりで遠回りしたら、はなればなれになっちゃって、迷い歩く。一方ヒッチハイクをするがまったくつかまらず、どこにも行けない男がいたり。
 と、こう書きながらも、やっぱ私にとって物語とは、洋楽の歌詞並みにひとつの要素にすぎず、中心じゃないなぁと感じております。

 やっぱいくら内容を説明しても埒があかない。映画は観ている時間の中にしか存在しない(これは保坂和志の、小説は読んでいる時間の中にしか存在しない。という言葉のまんまいただき。)。ということで、またいずれ皆さんの前にお披露目いたします。

 そして、TAM TAM & HIGH HAT RECORD というレーベルを立ち上げます。
posted by カフニ at 22:27| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

心配ないからね

 昼休み。赤坂のちゃんぽん屋を訪れる。前の客が店へ入っていく。紺のブレザーに、ベージュのスラックス。リーマンか。彼が後ろ手で引き戸を閉めようとするのと、私が引き戸を開けようとするタイミングが重なる。彼は懸命にしめようとするが、閉まらない。当然だ。私は開けようとしている。おかしいと思った彼が振り向き、私の顔を見る。あっ!KANだ!
posted by カフニ at 22:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

思い出のCBGB2 ~孤独の旅路~

 ニューヨークでベトナム料理を食べている時点で東京と同じだ、と書いていて思う。

 旅とは不安とともにいることだと私は思う。
 夜のニューヨークをひとりで歩くのはこわい。不安である。暴漢に襲われはしないか。フリーズをプリーズと間違えやしないか。などなど。
 だが旅をしていて(そんなにしたことはない)私が感じる不安は、そういう物理的なことではない。もっと形のない曖昧な不安だ。
 
 べつに旅をしなくても感じてはいるのだが、旅をするとその不安の輪郭がはっきりする。つまりそれは、孤独ということだ。当然だが周りは他人しかいない。私に何の関心もない。ここで私がのたれ死のうが、それはそれ。なぜかそういう身も蓋もない想像が、旅をしていると私の中でふくらむのである。しかしそれは、べつにいやな感じというわけでもない。いやだけど。

 CBGBには簡単にたどり着いた。季節が冬で寒かったせいか、通りには人が少なく寂しい印象が残っている。
 やはり中に入るまでに時間がかかる。気持ちの準備というか、びびっているというか。いざCBGB。
 思ったよりも狭い。というかかなり狭い。扉を開けると、入って左がバーみたいになっている。タバコの煙がすごい。本当にタバコか、これ?
 右側は壁になっていて、まだステージは見えない。壁をつたって歩いていくと、切れ目のところから右側にステージが広がっている。

 MOTHER FUCKER!!!!!!!!!!!!

 デボラ・ハリーみたいな、金髪でミニスカートのいかつい女が、センタースピーカーに片足を乗せてそう連呼している。そう連呼している。まだ連呼している。まだまだ連呼する。終わりそうにない。
 次の瞬間、私は扉を開けていた。こわくってこわくって扉を開けていた。 滞在時間3分くらい。 
 外の空気はおいしかった。あー、こわかった。
 
 あまりの恐怖体験に思考がうまく働かない。とにかくこわかった。なんか変なもんをみてしまった。
 でもここは私の想像通り、いや想像以上の場所だった。あの女の絶唱は忘れない。人通りの少ない道で耳をすますと、扉の向こうでは

 MOTHER FUCKER!!!!!!!!!!!!

 まだ連呼している。というか、それしか言ってない。

 この旅で私は、またしても他人との断絶を感じた。やっぱ孤独だ。というかあんなやつと分かり合えるわけがない。

 ニューヨークにおける東京では体験できなかったことは、CBGBにあった。

 FOREVER CBGB,MOTHER FUCKER!!!!!!!

 



 
posted by カフニ at 00:08| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

毎日の環境学

一曲目聞いて「ペンギンカフェオーケストラかよ?」っと耳を疑い、小沢健二じゃなきゃ買わない音だなと思ったけど、中盤とかかなり良い!

なんか良いメロ書くDANCEの人の12”B面みたい。ミドルでちょいサイケ、AOR、フュージョンみたいな緩さが気持ちよく、今の気分にぴったり。

B000E6G6NA.01.JPG
posted by s×y at 02:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。