2006年01月22日

ゲルハルト・リヒター体験

2006年最初の重大出来事である。

2006.1.21. 川崎美術館 ゲルハルト・リヒター展

東京にこの冬初めての雪が降った日。私は友人3人と、千葉にある川崎美術館へレンタカーでむかった。
見慣れた東京の景色は、雪のせいでおとなしく、いつもとは違って感じられる。

午後3時。千葉県の佐倉という町にある、川村美術館に到着。
雪は東京よりもやや大きく、やむ気配はない。
短い林道を抜けると、目の前に池が現れる。雪をかぶった木々がその後ろを囲んでいる。みごとなモノトーンで、まるで水墨画のよう。そして、灰色の水面を白鳥が1匹回遊している。よく寒くないな、と私は思った。

川村美術館入館。順路をたどる。まずは常設展。
モネやピカソやカンデンスキー。レンブラントまであるのに驚く。しかし気持ちはリヒターへとはやっているので、あまり関心はない。

順路2。いよいよリヒターへ。『モーターボート』。
モーターボートに乗った男女を、写真と見間違えるほど写実的に描いた作品。白黒のこの作品を、雪の降る今日観たことに、なにかめぐり合わせのようなものを感じる。
などと、自分勝手な物思いにふけりながら次の絵へ。
息をのむ。少し傾きかけた陽光が、雲間からもれている空。

と、こうして文字でなんとか絵のイメージや具体性を説明しようとしているが、これはまったく無意味なことだな、と思いながら書いている。こうして絵に描かれている具体的な風景は情報として伝わったとしても、絵に描かれている本当のところは、何ひとつとして伝わっていないからだ。
だから、余計な解説はやめだ。

私はこのたびはじめてリヒターの作品を観て、まいったな、と思った。実際そうつぶやいていた。そして、多くのことへ思いをめぐらせた。
このことをひとことで言い表すとしたら、『体験』としか言いようがない。
だからみんなにもぜひ、リヒターの絵を『体験』して欲しい。
新宿のギャラリーで新作展をやっているようなので、ぜひ足を運んで欲しい。
腹の底からそう思います。

この『体験』を逃すことは、人生において、ひとつの大きな喪失を意味する。


richter10[1].jpg
posted by カフニ at 22:27| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | ゆかり | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

ゆかり vol.3 ~海へいくつもりじゃなかった~

決定です。千葉リヒター展ツアー。

10時に新宿集合ですよ。

すべらない話と‘イイ’CDは必須!!

>WEEKEND
NEIL YOUNGのアノ二枚貸してください


↓もリヒター、ネタだろ~な
B00000740H.01.JPG
posted by s×y at 23:27| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ゆかり | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

坪井のコートと俺のコートの比較

昨日深夜1時からスーパーブルーを飲みながら噂の『リアリズムの宿』を観たので、何も予定立てず近場で箱根、伊豆辺りに一泊旅行しましょう。パッと行ってパッと帰ってきましょう。

DVDで観たので、特典映像として主人公2人のインタビューがついてました。
そこに写った最近の木下のルックスに驚きました。
1週間くらい都会に旅行に行って、あかぬけて帰って来た人みたいだった。
もう童貞の役はできません。


A&Mからの連絡は、まだない…。
posted by weekend at 13:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

リヒター

決定! 21日(土曜)に行きます。

みんな行きたいとこ考えろ~

http://www.dic.co.jp/museum/
01_01.jpeg
posted by s×y at 00:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆかり | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

そばの種類と天気の関係

 暇だからPCでも開いてみたが何について書こう…。そうだ。


 昨日はたぬきそばを食った。朝8時過ぎ、馬場の富士そば。たぬきそばを食うのは久しぶりだ。最近はもっぱらわかめそばのみだった。理由は特にない。油物を取るより体に良さそうだと思っていたからだ。富士そばのわかめそばが大好きなわけではない。
 たぬきそばをハフハフしながら思ったことがある。あんたらは「放射冷却現象」という単語を聞いたことがあるだろうか。天気が雲ひとつない快晴の場合、空に雲がないため地上の熱がどんどんと宇宙の方へ逃げてしまう現象で、冬になるとよく耳にする単語だ。朝布団から出られなくなるのは、ただ冬だからということだけではなく、この現象も原因の1つにはあると思う。ここ1ヵ月の東京もそうなんじゃないだろうか。
 昨日たぬきそばを食いながら思ったことというのは、たぬきそばは「放射冷却現象」と地球の天気関係をわかりやすく表現したものではないか、ということだった。
 たぬきそばを食っていると気付くと思うが、たぬきそばというのはなかなか冷めない。それに比べて、わかめそばであったりかけそばというのは冷めやすい。猫舌の俺はたぬきそばを食う時はわりと時間がかかってしまう。その理由を食べながら考えた。それはなぜか。もうわかったかもしれないが、つまり、丼全体が地球だと考えて、「放射冷却現象」において熱を逃がしてしまう原因となる雲というのは、たぬきそばに置き換えれば、天かすとそこから出ている油のことで、同様に、寒くなる大気は黒々とした汁のことなのである。そばとネギは何でもいい。人間でもいいしビルでもいい。天かすと油が汁のもっている熱を放射冷却しないため、俺はたぬきそばを食うのに時間をかけられていたのだ。そう考えると、たぬきそばは曇、わかめが晴、かけが「放射冷却現象」の起こっている快晴ということになるではないか。
 人の楽しみ方は色々あるが、今度そばを食べる時は、その日の天気と同じものを食べてみるのもよいかもしれない。しかし、それは後悔することになるかもしれない。しかも、雨の日はそばは食べれない。

 

 
posted by weekend at 15:45| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

reds

今年の浦和レッズはゆら~、ゴタゴタ、j-leage終わった、えっ二位!!??って感じでした。まー下位チームに連敗&勝つ所で勝てないといった感じで逆に優勝したら感じが悪かったかも…。

その分天皇杯優勝&長谷部の日本代表初招集は嬉しかった!!

天皇杯ではメンバーがそろわず、本業のポジションじゃない所をまかされた選手の献身的プレー、チーム一体となった攻め、そしてなにより監督ブッフバルトに「マリッチのための天皇杯」と言わしめた、FWトミー・マリッチの5試合(4かも?)連続ゴールが光りまくった!

シーズン途中に素晴らしいプレイヤー、ポンテとともにドイツからやってきたマリッチ。
元クロアチア代表の31歳。当初まー風貌からしてポルノ俳優みたいで、まー微妙なプレイぶり(弱い相手ニャめっぽう強い)だったがシーズンが押し迫る頃にはチームにフィットしてきたかのように思われた。
が、しかしVERDY 1969の二部降格に伴い元セレソンのFWワシントンのレッズ加入が決定。
ワシントン>マリッチの図式となってしまい。シーズン終了後の契約期間満了でさよならということになってしまった。

そうそしてそのシーズン最終戦とは天皇杯だったのだ!!

チームメイトがマリッチと出来るだけ長くプレイをしたいと思たかどうかはともかく(なにより当の本人が一番頑張ったのだからw)、あれよあれよという間に決勝進出。そして優勝。

最後はキャプテン山田より先に胴上げされてたな。ウルウル。
ここで天皇杯のダイジェスト見れます。(決勝と準決勝の後半、長谷部ヤバし)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/85th/data/movie.html

で、来年。はっきりいって浦和はレアル状態です。新加入はワシントン、元日本代表黒部、ベルディから三浦のポジション奪った相馬(素晴らしい)とか
なにやら小野伸二も?

こんなん楽しいか??
俺はもーいてまえ的でDFあがっちゃって帰ってこんかったり、FW早過ぎて中盤なくなっちゃったり、「負けないよ」BY福田正博 発言後連敗しちゃうレッズのが好きだな。

でもまー今年はwカップやらで代表選手ごっそり抜けるし、来年はアジア・チャンピオンズカップあるし選手層厚くないと、すべて中途半端な結果に終わってしまうから必然っちゃ必然の補強だな

とりあえずポジション予想してみた。



    ワシントン         
 アレ ポンテ  永井           
   啓太 長谷部             
相馬 坪井 闘莉王 山田         
     都築              
    
                    
SUB 田中達也(怪我)黒部(ワシントンの代わり) 堀之内(ほとんどレギュラー) 赤星(ホープ)細貝(ホープ)
岡野(おなじみ)、平川(怪我、足はやい)、酒井(元代表)まだまだ良いプレイヤーたくすん

達也の怪我が回復次第2topかな。
というか無理です。考えるの。


00012150-B.jpg
posted by s×y at 03:09| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

2006.1.3 17時15分受付開始

ぬ~ぼ~、織部、江本、のぶちゃん、正輝、松井、岡本、福井、松本、ほんっと久しぶりだった。
中学の時を思い出したとは言わんけど、なぜか新鮮で緊張してわくわくした。
SEXいやいや、SXYとウンコマンにはわからんかったかもしれんけど、楽しかった。

まああんたらがわかる話をすれば、マーコは今小金井で働いているということくらいかな。
posted by weekend at 19:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

24アワー・リスニング・ピープル

i-PODを購入してからというもの、常に音楽を聴いている。
財布。携帯。i-POD。
家を出るときに持つものである。しかも、すべてポケットに納まるので、手ぶらである。
これだけあれば、とりあえずは生きていけるような気がする。

私は以前、映画館で映写のバイトをしていたのだが、その最中も常にi-PODは鳴っていた。
もうこうなれば、24アワー・リスニング・ピープルというより、365プラスうるうデイ・リスニング・ピープルである。

バイト中に聴き、電車や飛行機の移動中に聴き、駅から家までの道のりで聴く。
やれ散歩しながら聴き、やれ大声で歌い、やれすぐ後ろに人がいて、やれ恥ずかしくなったり。
今いる風景にぴったりの曲を探して聴いたり。
と、もう思ひでいっぱいの品なのである。

もう、以前はどのようにして音楽を聴いていたのか思い出せない。
くらいの依存症でR。

しかし、何事も過剰摂取というのは好ましくない。
肉しかり、睡眠薬しかり。
というのも、最近少し音楽というものに飽きてきている節がある。

どの音楽を聴いても、結局はみんな音の積み重なりじゃん。新しい新しいって言われてても、そういう音楽の成り立ちからは逃れられねぇんじゃん。みたいな、ひねた考えが頭をよぎってしまうのである。
もう、原理主義者みたいな考えである。頭で音楽を聴いちゃっているのである。

かといって、ジョン・ケージやフィールドミュージックを24アワー・リスニング・ピープルするのもきつい。

最近そんなことを、月にweekendが、風俗に行く回数くらいの頻度で思う。

これは私のせいなのか、それとも最近の音楽がつまらないからなのか、ただ私がぐっとくる音楽に出会えていないだけなのか。わからない。

今日もそんなことを思いながら、(ということは、weekendは今まさに風俗に行っていることになる。)私の耳には白いイヤフォンがはまっている。

STOP MAKING SENSE 俺!!

24hourpartypeople.jpg

ちなみにこの画像は、映画の24アワー・パーティー・ピープル。
マッドチェスター・ムーブメント(しかし、どうしようもなくダサい名前だ。)やニュー・ウェーブについて興味がある人はぜひ観ましょう。




posted by カフニ at 18:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

20数年ぶりの慟哭

 31日、家族で鍋(渡鍋)を食って、曙の醜態を見て、行く年来る年が始まったので9にチャンネルを替えた。9チャンネルというのは知っていると思うが、鳥取県のケーブルテレビで、県内で行われたイベントなどを放送するチャンネルだ。その時の内容は、「倉吉でもやってるんだな」と少し驚いたカウントダウンライブの生中継だった。場所はおそらく倉吉のどこかのライブハウス。金髪の少し太めのヴォーカルが大声をあげていた。曲調はみなさんが予想するところのそれだと思う。曲も終わってMCをしだしてやたらにうるさかったのでチャンネルを替えた。
 しばらく他のチャンネルを見て、また9を見てみた。おっと、バンドが替わっているようだ。何か言っている。

「皆さん今日はありがとうございます。皆さんには時間というものが常に流れています。その時間を無駄にしないで下さい。その流れている時間を有効に明日のために使いましょう。そうすればきっと夢がかなうと思います。俺たちも今この瞬間瞬間を音楽を通して有効に使っています。無駄使いだけはやめてください。本当に今日はありがとうございました。」

 少しはしょった(結構長かった)が、おそらく20歳前後だと思われる、バンダナを巻いてその上からキャップを被った青年が、右手に拳をつくり、それを心臓のところにあてて力説していた。
 俺はその様子に感動し、涙が止まらなかった。家中のタオルを取り出して涙を拭いたが、それでも足らず、すべてのティッシュを使いきり、こたつの布団もビショビショに濡らしてしまった。あたりには数ヵ所水溜りができていた・・・。こんなに泣いたのはいつ以来だろう。そのため元旦は目が腫れて視界が悪かった。


Fishmans 『空中キャンプ』
やっと聞いた。まだ1回しか通して聞いてないが、いいね。はまりそう。DVD買おうかな。
でも、涙はなぜか出なかったなあ。

posted by weekend at 15:04| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

最期のコンパクトディスク

倉吉のハードオフ。ここには思わぬお宝が眠っていたりする。
以前私は、JOY DIVISIONのベスト盤を、ここで、たったの600円ぽっちで購入した。
しかもほとんど新品同様の品であった。
東京でこの状態ならば、1000円以下になることは、ほとんどないのではないだろうか。

私はこの『倉吉ハードオフ状態』について、こう考えている。

田舎の中古市場、それもハードオフなどの全国チェーン店。ここで働く人々はそんなに音楽について詳しくない。断言する。
特にハードオフなどは、取り扱い品がCDだけではなく、多岐にわたっている。
そのため、全ての商品について、幅広い知識が必要となる。しかし、やはりそれでは、広く浅い知識になってしまうのであろう。
たかだかJOY DIVISION程度で、もうあっぷあっぷの現状である。
つまり、文化的価値がまったくわかっていない人間が、商品を取り扱っているのだ!

そこで私は宣言したい。
田舎などに旅行に行かれる際には、ハードオフなどの店に寄ってみられたし。
きっと、思わぬお宝にお目にかかれるはずだ。
しかし、ここで気をつけてもらいたい。
田舎の個人経営のレコード屋。古本屋。
ここでは、上記した理論は通用しない。いわば治外法権地帯である。

古本屋など特に多いのではないかと思うが、個人経営中古店(特におっさん経営)は、基本スタンスが、落合なみの『俺流』なのである。
そのため、「その値段じゃ誰もかわねえだろ。」という法外な値段の中古品が、涼しい顔をして並んでいる。
しかしやつらはそれでいい。はなから売る気などないのである。それがカールスモーキー石井なみの『何より俺色に染まれ♪』なのである。

以上のことを踏まえて、私はハードオフ倉吉店に向かった。
そして、マイケル・ナイマンの映画音楽集のCDを、800円で購入した。

これが私にとって、2005年最期に購入したコンパクトディスクとなった。




posted by カフニ at 16:06| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。